後遺障害慰謝料基準表(赤い本基準)


後遺障害等級認定を受けた被害者の方で,相手方任意保険会社からの賠償金提示において,

等級に応じた後遺障害慰謝料の金額が下記金額を下回っている場合、

後遺障害慰謝料額算定基準について,一度弁護士にご相談されることをお勧めします。

(弁護士に相談されるかどうかの目安として下記基準をご利用ください。)

症状の程度や傷の大きさなどによって等級が変わります。


14級 110万円(赤い本基準)   

例 9号  局部に神経症状を残すもの

  ●むちうち・捻挫などによる痛みはあるが、画像所見がない場合など


13級 180万円(赤い本基準)  

例 8号  1cm以上の下肢短縮など


12級 290万円(赤い本基準) 

  例 13号 胸部に頑固な神経症状を残すもの

  ●むちうち・捻挫などによる痛みがあり、その痛みを医学的に説明できる画像所見がある場合など


11級 420万円(赤い本基準)   

  例 7号  脊柱に変形を残すもの


10級 550万円(赤い本基準) 

  例 9号  3cm以上の下肢短縮


 9級 690万円(赤い本基準)   

例 10号 高次脳機能障害のうち労務が相当な程度に制限される場合


 8級 830万円(赤い本基準)   

例 2号  脊柱に運動障害を残す場合

  9号  上肢に偽関節を残す場合

  10号 下肢に偽関節を残す場合


 7級 1000万円(赤い本基準)

例 4号  高次脳機能障害のうち,軽易な労務以外の労務に服することができない場合

  9号  上肢に偽関節を残し,著しい運動障害を残す場合

  10号 下肢に偽関節を残し,著しい運動障害を残す場合


 6級 1180万円(赤い本基準)  

例 5号  脊柱に著しい変形又は運動障害を残す場合


 5級 1400万円(赤い本基準)

例 2号  高次脳機能障害のうち,特に軽易な労務以外の労務に服することができない場合

  6号  1上肢の全廃

  7号  1下肢の全廃


 4級 1670万円(赤い本基準)  

例 3号  両耳の聴覚喪失

  6号  両手の手指の全廃


 3級 1990万円(赤い本基準)  

例 3号  高次脳機能障害のうち、終身労務に服することができない場合


 2級 2370万円(赤い本基準)  

例 2号  両眼の視力が0.02以下になった場合 


 1級 2800万円(赤い本基準)  

例 1号  両眼を失明したもの

  4号  両上肢の全廃

  6号  両下肢の全廃 


取り扱い可能な後遺障害の例

  •  

  • 遷延性意識障害
  • 脊髄損傷、脊椎損傷
  • 脳挫傷
  • 急性硬膜下血腫
  • 外傷性くも膜下出血
  • びまん性軸索損傷
  • 高次脳機能障害
  • 手足切断
  • 失明
  • 頚椎・胸椎・腰椎などの脊柱圧迫骨折
  • 骨折 (鎖骨骨折,上腕骨骨折,肘関節部骨折,橈骨遠位端骨折,ベネット骨折,骨盤骨折,大腿骨近位部骨折,大腿骨骨幹部骨折,下腿骨骨幹部骨折,上腕骨近位端骨折,モンテジア骨折,上腕骨骨幹部骨折など)
  • てんかん
  • 人工関節置換・人工骨頭置換
  • 動揺関節
  • 睾丸・卵巣喪失、
  • 非尿禁制型尿路変向術を行ったもの
  • 尿失禁のため、常時パットを装着するもの
  • 視力障害
  • 聴力障害
  • 嗅覚障害
  • 歯牙欠損
  • 外貌醜状・醜状痕
  • 肩腱板断裂
  • 尺骨神経麻痺
  • 頚椎椎間板ヘルニア
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 脊柱管狭窄症
  • 膝前後十字靭帯断裂
  • 側副靭帯損傷
  • アキレス腱断裂
  • むち打ち損傷(頚椎捻挫、腰椎捻挫など)